WindowsマシンでのMobaXtermの利用

WindowsマシンでのMobaXtermの利用

2020/07/13
ここでは、学外のwindowsマシンで大学のマシンにログインしたり、ファイルをダウンロード・アップロード転送したりする方法を説明します。


インストール

  1. 下記から、Home Edition版の「Portable edition」または「Installer edition」をダウンロードする。

    MobaXtermのダウンロードサイト

    • Portable editionは、パソコン本体にインストールせず、実行ファイルだけを使用可能です。お手軽・お試しで使うならこちらをどうぞ。
    • Installer editionは、パソコン本体にインストールされます。管理者の権限が無いとインストールできないかもしれません。問題が出た場合は、Portable editionで始めましょう。

  2. いずれのeditionもMobaXterm_Portable_〇.zipみたいなファイルがダウンロードされると思うので、解凍してください。
    • Portable editionは、解凍後のフォルダのMobaXterm_Personal_〇.exeをダブルクリックで起動します。
    • Installer editionは、解凍したインストーラ(〇.msiファイル)でインストール後に、デスクトップに生成されたMobaXtermのアイコンをダブルクリックする等して起動してください。


使い方 大学サーバにログイン

ここでは、仮に下記のようにします。

大学サーバのホスト名:hoge.ac.jp (授業中や教員に聞いてください)
環境コースの自分のアカウント名:xxx_abcd

  1. 「start_local_terminal」をクリック。
  2. 大学サーバにssh接続するために、下記のコマンドを打つ。アカウント名+アットマーク+ホスト名です。
    % ssh xxx_abcd@hoge.ac.jp
    
  3. パスワードを聞かれるので、パスワード入力。「パスワードを保存するか?」というウインドウが現れたら、「保存しない」(No)としておくと良い。
  4. 成功すれば、下記のような画面になるはずです。
    /home/mobaxterm>  ssh xxx_abcd@hoge.ac.jp
    xxx_abcd@hoge.ac.jp's password:
    Last login: Mon Jul 13 11:23:35 2020 from xxx.xxx.xxx.xxx
    [xxx_abcd@hoge ~]$
    
  5. あとは、普通にlinuxのコマンドを打てばOKです。gnuplotも起動できます。


使い方 ファイルのダウンロードとアップロード(sftp的な使い方)

  1. MobaXtermの左のウインドウにある「↑」(アップロード)、「↓」(ダウンロード)マークをクリック。
  2. アップロードの場合はアップロードするファイル、ダウンロードの場合はダウンロード先のフォルダを新しく現れるウインドウで聞かれますので、自分の好きなものを指定してください。
分からなければ、教員に質問してください。


計算機によるデータ解析入門のページに戻る

野口のTopページに戻る

情報科学科のTopページに戻る